残業代請求は会社員の正当な権利です

長引く不況の影響もあり、労働者の置かれた環境は悪化の一途を辿っています。

企業の人件費削減のために多くの人はリストラされ、また、運良く会社に残ることが出来た人も給料を減らされたり、サービス残業を強要されたりといった憂き目を見ています。

多くの会社員が、「リストラされるよりましだ」と泣く泣くサービス残業を受け入れていますが、過労死が増えるなど社会的な問題を引き起こしています。

そういったことを避けるためにも、サービス残業を拒否し、企業に残業代請求することが大切になります。

企業の中には、「残業代は給料の中に含まれている」だとか、「うちの会社は年俸制を採っているから、残業代なんてない」なんて言い訳をするところもあるようですが、残業代を請求することは会社員として正当な権利なのです。

もし、残業代の未払いなど労働問題を抱えている方は、一度弁護士や司法書士などに相談してみてはいかがでしょうか。これまでの残業代が戻ってくるかもしれません。