仕事のパフォーマンスの趣味の関連性

学生時代からテニスをこよなく愛する金澤幸雄は社会人になった今でも週末にはテニスラケットを握ってコートに立っています。
「社会人になっても運動する意味なんてあるの?」と言われることもありますが、彼にとってはゆえにプライベートの息抜き以上に大切な意味を持っているのです。
それは、テニス仲間との交流を深めることによって交流が生まれ、それが人脈となり仕事に良い影響を与えます。

また、旅行も同様に彼にとって重要な趣味のひとつです。
自分の慣れ親しんだ土地とは違う文化に触れることによってインスピレーションが生まれ、仕事においてもより効率的でクオリティの高い動きをすることが出来ます。
また、旅先でのエピソードをお土産を配りながら話すことによって社内でのコミュニケーションを自然にすることが出来るため、仕事上でも主導権を握りやすくなるのです。

「趣味」というとどうしても「遊んでいる、怠けている」という見方をされがちな日本人ですが、このように仕事においてもきちんとポジティブな結果を残すことが出来ます。
逆に、趣味を疎かにして休日は寝て過ごすだけの人よりはよっぽど成果を生み出すことが数字上でも明らかになるでしょう。
このように、金澤幸雄のように趣味が充実して仕事でもパフォーマンスを発揮できるようになれば社会人としての人生を全うすることが容易になってきます。

https://www.international.saitama-med.ac.jp/result/palliative_care/