HIV感染症という性病が感染する原因とは

HIV感染症は、セックスによってうつる性病です。
このHIV感染症のウイルスの特徴としては、体の中にいる時にはリンパ球という細胞の中で元気に生きているのですが、血液や精液、膣分泌物、乳汁などの体液と共に体の外に出されてしまうと、急速に死滅してしまうとても弱いウイルスとなっております。

セックスで感染してしまう理由は、HIV感染商のウイルスが唯一生存する事ができる体液と直接触れる機会の多いのがセックスだからに他ありません。

セックスの中でも肛門を使って行うアナルファックは、もっとも感染しやすいプレイになっておりますので注意が必要になります。
肛門から少し中に入った所にある直腸はとても弱い組織で、直ぐに傷ついてしまい出血しやすいので、アナルファックはHIV感染症に感染するリスクがとても高くなっております。
ゲイの方などにHIV感染症の方が多いのはこういった理由も含まれております。

またデリヘルやホテヘルなどでも定番の素股プレイも挿入はしておりませんが、こする際に細かい傷がついてそこからウイルスが感染する可能性もありますので危険です。

HIVを始めとする性病は、しっかりとした知識があれば、感染する可能性を減らす事ができます。
もっと詳しく知りたいという方は、性病検索キット楽々確認術のホームページなどをチェックしてください。