広告主のためのインターネット広告システム

インターネット広告の種類の1つとして、DSP広告というものがあるのをご存知でしょうか。
このDSP広告というのはインターネット広告の中でも比較的新しく、特殊なシステムを持っているものであるため、詳しく知らないという方も多いことでしょう。
ここでは、この広告について詳しく紹介しているサイトとして、NDP ネットワークについて紹介します。
こちらのサイトでは、まずこれがどのようなシステムを持っている広告であるのか、ということについて簡単に紹介しています。
DSPというのは、広告を行う側にとっての利益を追求するためのプラットフォームのことを指しています。
まずこのシステムは、メディアからSSP(サプライサイドプラットフォーム)に対してインプレッションが発生したということが連絡されます。
その上で、SSPがそれぞれのDSPに対して広告のオークションを行い、広告主の間で広告に対して付けられる値段が決定されることになります。
そして、このオークションに勝利した広告主が広告を出す形となるようになっています。
この時、全ての広告主に対してオークションが行われるのではなく、条件にあっている広告主のみを対象にするのも特徴の1つです。