育毛シャンプーの種類

現在日本で販売されている育毛シャンプーには、大きく分けて次の3つのタイプに分けられます。
これらの洗髪料のうち最も多く出回っているのがアルコール系のものです。
抜け毛や薄毛に効果があるとされるものの場合、化学合成された合成の界面活性剤が使用されていることがほとんどです。
この洗髪料の特徴は、泡立ちのよさとすっきりとした洗い上がりです。
洗い上がりが良い感じであることから、こういった洗髪料を使いますと頭皮までさっぱりときれいになっているのではという錯覚すら覚えますが、実は、この洗髪料は洗浄力が強すぎるために頭皮に必要とされる皮脂まで洗い落としてしまうのです。
このような理由から、アルコール系の洗髪料は抜け毛や薄毛の改善には不向きであるといわざるをえません。
日本で販売されている洗髪料には石鹸系のものもあります。
石鹸系のものは、文字どおり石鹸を主な成分としている洗髪料です。
この洗髪料には刺激が少ないので頭皮の皮脂を落としすぎないという特長があります。
しかしその一方で、洗い残しが発生すると発毛の障害になるというデメリットもあります。
このため、石鹸系の洗髪料を使う時は洗い残しが出ないようにすすぎを徹底的に行うように心がける必要があります。
そして、最近注目を集めているのがアミノ酸系の洗髪料です。
この洗髪料は天然の原料が使われているため、石鹸系のものよりもさらに洗い上がりがマイルドなことが特長です。
また、頭皮の汚れを落としつつも必要な皮脂はきちんと残せるという大きな利点もあります。