便利な手形割引にもリスクはあります。

急な支払い。
手許現金が足りない場合には、是非、手形割引を利用してみて下さい。
あまり馴染みのない資金調達方法かもしれませんが役立ちます。
手形を割引くというのは、受け取った手形を担保に金融機関や専門業者から融資を受けることです。
当然、融資ですので利息、通常は割引料が取られます。
ただし、融資と違い決済資金で返済できます。
返済資金で頭を悩ますことはありません。
しかし、注意が必要です。
もし割引いた手形が不渡りになった場合のことです。
手形を担保にしているわけですので、割引いた側にしたら、決済資金での返済が受けられなくなります。
その場合には、割引いた側から持ち込み者に対して、買戻し請求が行われます。
割引による融資を受け取った者に対して、割引いた側から手形を代わりに決済するように請求されます。
こうなると、当初の手形は割引で資金化しています。
そのうえで手形の買戻しをするので、倍の費用が必要になります。
このようなリスクがありますので、手形割引を利用したい方は、お持ちの手形発行元の信用もしっかり把握してください。