南九州旅行に立ち寄ったことのある焼酎工場

会社の人と飲み会があればいつの間にか飲んでいる焼酎。
料金が他のアルコールよりか安いためか宴会する際には一升瓶を机に置いてロックや水割り、冬場にはお湯割りで飲んでいることがあります。
焼酎通の私ではありませんが、種類も芋や麦、米など味と香りが様々に楽しめますが、焼酎を造られる蒸留方法の違いで焼酎甲類、焼酎乙類と区別されているようです。
以前南九州の旅行で鹿児島観光した際にツアーの見学場所のひとつに焼酎工場の見学が入っていました。
もちろん、試飲はその工場で造られたものを全て飲みましたが、焼酎甲類、焼酎乙類の蒸留製法の違いも説明を受けました。
、焼酎甲類は、糖蜜等を原料とした発酵液を連続式蒸留器で蒸留して高純度エタノールを造り出し、加水したもので、米、麦などを原料にして単式蒸留器で蒸留した焼酎乙類とは少し違いも感じられますが、どちらも焼酎好きの人にはたまらないものかと思います。
南九州に行くと焼酎工場が道を通っていると見かける所もありますが、一般の見学が可能なところもありますので焼酎好きな方は立ち寄って見ては如何でしょうか。
運転している方にはお勧め出来ませんが、お気に入りのものがあればお土産として購入して自宅でゆっくり味わうのも最高かと思います。
http://www.zaiho.jp/